地ビールは、従来の国産ビールとは、次の点が異なります。原材料は麦芽とホップと水と酵母だけで造ります。
米やコーン、スターチなどの副原料を使っていない麦芽100%のビールです(蛍まいエールは三芳村産米使用)。少量生産でしかできない上面発酵によるビールを濾過も熱処理もしていないため、フレッシュで風味豊かな味わいです。また手造りに近い方法で少量生産されるため、ブルーマスター(醸造主任)の個性が反映され、香りや味にはっきりとした特徴があらわれます。
安房麦酒では「こだわる人」「違いのわかる人」のために丹精込めて1本1本造られます。
日本酒やワインのように、良いグラスで適量をゆっくりと味わっていただきたいビールです。

【安房フルーツビール】
ビールにフルーツを入れると欧米ではフルーツビールと言い、日本では発泡酒に分類されます。安房麦酒ではフルーツを贅沢に使いフルーツビールをつくります。

地ビールのおいしい飲み方
ビールの味にとって最も大切なことは、新鮮さです。新鮮なビールを新鮮なうちに飲みましょう。安房麦酒はラベルに賞味期限を明確に表示してありますので、なるべくお早めにお飲みください。
ビールの泡は炭酸ガスを逃がさないようにして、爽快さを守るものです。安房麦酒は泡立ち、泡持ちがよく、きめ細やかな泡をご賞味ください。
冷やし過ぎないでください。10℃前後が適温です。
「原料の要素」
安房麦酒はビール先進国イギリスとドイツから、厳選し直輸入した高品質な原料だけをふんだんに使用した高濃度仕込みの贅沢なビールです。良質のモルトから抽出された高濃度の麦汁に、香り高いホップとそれぞれのテイストに合わせて選び抜かれた酵母をいれて、最新の設備で細心の注意をはらって丁寧に丁寧に愛情を込めて仕込みました。
「設備の要素」
ビールの決め手はなんといっても「酵母」。とってもデリケートな酵母への最大の愛情表現は緻密な温度管理にあります。より厳しい温度管理が必要な上面発酵系のビール造りで、抜群の品質安定をこの最新設備が実現しています。
「技術の要素」
上質のビールを造りだすには、ホップ・酵母菌・麦芽の3つの原材料の配合がとても重要になります。私たち安房麦酒のビール職人は技術と感性の全てをビール造りに注ぎ込むことで、まるで芸術家のようにどこにもない独自のテイストを生みだしました。一杯のビールに懸ける技術スタッフの熱意と愛情が安房麦酒を支えているのです。
●厳選されたモルトを使ったビール!!
イギリスとドイツのモルトを輸入し、贅沢に使って製造した麦芽100%のビールです。コーンスターチは一切使用していません。(蛍まいエールは三芳産有機肥料米を使用)
●酵母が生きている本当の「生」ビール!!
現在、健康食品として見直されているビール酵母が入っています。ビール酵母には、様々なビタミンやアミノ酸を含んでいるだけでなく、お肌をきれいにする栄養素「核酸」が含まれています。
安房麦酒のビールには酵母が入っているので、本当の意味で「生」ビールなのです。
ちなみに、大手ビール会社では賞味期限を長く保持するために、酵母をろ過して取り除いています。
●麦芽・ホップに含まれる栄養素
麦芽に含まれる栄養素
麦芽にはビタミンB郡をはじめ、豊富なミネラル類がバランス良く含まれています。特に美肌効果に力を活気するビタミンB2を他のアルコール飲料よりも圧倒的に多く含んでいます。
されには赤血球を成長させ、皮膚の健康に欠かせないビタミンや葉酸も多く含まれています。
ホップに含まれる栄養素
中世ヨーロッパでは女性のための薬として使われていました。ホップには女性ホルモンに似た作用をする物質が含まれていて、多量に摂取すると生理を起こします。しかしビールに含まれる量は微量なので、不足しがちなホルモンを補う役目をします。
更年期障害による肩こりや冷え性は、女性ホルモンのバランスの乱れから起きる症状です。
アルコール飲料でホップが含まれるのはビールだけです。