【醸造工程説明】
  (1) 麦芽粉砕機で麦芽を粉砕し、多目的釜に粉砕モルトと仕込水を投入する。
  (2) 多目的釜で出来た「もろみ」をろ過槽に移動する。
  (3) ろ過槽で「麦汁」と「麦殻」を分ける。「麦汁」は多目的釜に移動する。
  (4) 多目的釜で、ろ過槽移動した麦汁を沸騰し、ホップを投入する。
  (5) 麦汁冷却機で沸騰した麦汁を冷やして、発酵タンクに移動する。移動時に酵母を投入する。発酵期間は7〜10日間。
  (6) 発酵タンクで発酵を終えたビールをろ過留めタンクに移動する。
  (7) ろ過留めタンクからビンまたは樽に詰める。

■ 製造工程 【写真】 ・写真をクリックすると拡大します
数種類の麦芽を独自にブレンドし、粉砕機にかけて粉砕します。
粉砕した麦芽と仕込温水を多目的釜に投入します。
多目的釜で沸騰し、麦芽のもつ糖化酵素によりデンプン質を糖化します。
糖化をおえた麦汁を麦殻ごと、ろ過槽に移動。沈殿した麦殻によってろ過されます。
最初に濁っている麦汁をもういちどろ過槽に戻します。
麦汁が濁らないようになったら多目的釜に移動します。
麦汁が無くなるとモルトカスが残ります。
ろ過槽からきた麦汁にホップを入れて煮沸します。
煮沸を終えた麦汁を熱交換機で冷却して発酵タンクに送ります。
コーボタンクからコーボを麦汁と一緒に発酵タンクに移します。
タンクで発酵させます。コーボが糖分をアルコールとCO2ガスに変えます。発酵が終わればビールは完成です。
瓶詰め機でビールを詰めます。泡を出さないようにするのがコツです。

■ 主な原料 【写真】 ・写真をクリックすると拡大します
モルトは貯蔵室で低温、低湿度で保管します。
【ペールモルト】大麦のモルトです。主にこれを使ってます。香りが良く甘味みもあります。
【ミュンヘンモルト】少し色をつけることができます。
【ウィート】小麦のモルトです。まろやかな味になります。
【キャラメルモルト】茶色になるのと、味みに深みが出ます。
【ローストモルト】黒ビールに使います。黒くなると香ばしい香りです。
ペレットホップを使用・主にアロマホップを使用。黒ビールなどはビタホップも使用します。